「繊細さん」の本を読んで感じた事あれこれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類

今回は、カウンセラーの武田友紀さんの著書『「繊細さん」の本』という大ベストセラーを紹介します。HSP(ハイパーセンシティブパーソン)という繊細な人が5人に1人いると言われています。その繊細でストレスを感じやすい人が繊細な感性を大切にしたまま楽に生きる方法が書かれています。この本でHSPという言葉が広く世の中に知れ渡りました。

構成は、第1章:繊細さんがラクになれる基本、第2章:毎日のストレスを防ぐカンタンなワザ、第3章:人間関係をラクにする技術、第4章:肩の力を抜いてのびのび働く技術、第5章:繊細さんが自分を活かす技術となっています。

それぞれの章を要約していきます.

第1章。な人は、例えば職場の誰かが機嫌が悪いなど、何かが気になると仕事が手につかなくなる。音が気になる。自分の意見がなかなか言えない。何かあるとぐったり疲れてしまう。生きづらさを感じることが多い。なぜ自分はこんなにも繊細なのかと悩むことがある。しかし、繊細さは性格の問題ではなく生まれ持った気質なので、その気質を取り除くことはできない。どうすれば生きにくさを軽減できるかと言うと、自分の感性を大切にする、長所を活かすことで、楽になり元気を持って生きていくことができる。繊細さんは自分らしく幸せに生きるための技術は練習すればできるようになる。「気にしない」ことではなく気づいた事に、どう対処すれば良いのかという具体的な対処法が必要。繊細さんの感じる力は悪い事ばかりでなくて、良い事に気づきそれを深く味わう事ができるという長所もある。

第2章。繊細さんが刺激から受けるダメージを減らす工夫を紹介している。感覚を鈍らせたり心を閉ざすのではなく、まずは刺激を物理的に防ぐことが大切。感覚を鈍らせると、嫌なものは感じにくくなるが、同時に生きる上での喜びやときめきも感じにくくなる。具体的には、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚という五感に分けて物理的に刺激を防いていく。五感の中でもどの刺激が強いかは人によって異なるので、自分にとって刺激の強い物から防いでいく。

「視覚」見えるものを最低限にする。例)メガネやコンタクトレンズの度を落とす。サングラスをする。縁の太いメガネをつけ見える範囲を決める。

「聴覚」気になる音は防ぐ。例)耳栓をする。イヤホンで心地よい音楽を聴く。

「触覚」肌ざわりの良いものを選ぶ。例)肌の露出を減らす。心地よい素材で服を覆う。

「臭覚」マスクをする。好きな香りのハンドクリームなどをつける。

「味覚」刺激の少ない食べ物を避ける。

楽しいイベントも刺激になる。繊細さんは楽しんだ後に動けなくなってしまうこともあるため、翌日は全く何も予定を入れない空白日にするといい。

休みたいと思ったら、体の求めに素直に応えていい。体が感じる細かなストレスに丁寧に耳を傾けてケアすることで、無理してたんだと気づくことができる。自分の状態を受け止めてあげれば無駄な頑張りが減り、心からやりたいことに注力できるようになる。

第3章。人間関係をラクにする技術について。繊細さんは人間関係において、相手の感情を察しやすく、その場の雰囲気を感じやすい。繊細さんは自分たちの感じていることが相手も分かるだろうと思ってしまいがち。しかし、自分の当たり前に持つ感覚が相手にはないのではないか?という疑問を持つだけで他者の見え方が大きく変わる。相手も自分と同じように感じているはずと思って相手に関わるとすれ違いが生じて、誰も悪くないのに傷ついてしまうことがある。自分が感じる感覚は非・繊細さんの相手にないことが多い。

表に出している自分と合う人が自然と集まってくるという人間関係の基本的構造がある。殻をかぶっているとその殻に合う人が集まってくるので、できるだけ素の自分を出す方が良い。すると楽な人間関係が築けるので無理しなくて良くなる。

繊細さんはごく自然に配慮することができる。しかし、世の中それが普通ではなくて、繊細さんのように配慮をすることができない人が多い。また、配慮する力にも個人差がある。配慮が足りない人と認識するのではなく、繊細さんのようにできないのだと認識すれば、振り回されることもなくなる。

「キライ」と感じるセンサーを大切にすること。自分に不利益をもたらしそうだとか嫌な予感がするとか変な感じがするという感覚を持てば、問題が起きてなくても近づかないこと。それが自分のためでもあり相手のためでもある。「自分の中で嫌ってはいけない」と考え過ぎると、「好きにならなければいけない」になってしまって自分から相手に近づいて行ってしまう場合もある。そうではなくて嫌いな人は遠ざけておくことが大切。

繊細さんは、相手がイライラしていたり怒っていたりすることを察するのは得意だが、その理由を当てることはできない。私のせいで相手は不快な思いをしているのではないかと勝手に想像して悩んでしまうことがあるが、それはもったいないこと。可能なら直接質問してみても良いかも。

繊細さんは感じる力が強く、相手の表情や声のトーンなど、言語外の情報も細かにキャッチしてしまうため、長時間相手の話を聞き続けると刺激が強くなってしまい疲れてしまうことがある。情報や感情を受け取り過ぎない対策として、テレビ画面の向こうの人が話しているとか、相手の間にアクリル板の壁があるようなイメージをしてみる。また、実際にモノを置いたり、相手からできるだけ体を話すなど工夫して相手との境界線を作ってみる。

言葉が伝わらない感覚を持つ時、伝わらないのは伝え方の問題でも、相手が理解する気がないせいでもなく、ただ心の深さが違うだけかもしれない。物事をどれだけ深く考えるか、どれだけ相手の気持ちを深く受け取れるかといった心の深さには個人差がある。繊細さんは心が深い傾向にある。

第4章は、肩の力を抜いてのびのび働く技術について。繊細さんが仕事で消耗するのは体より脳の方。繊細さんは様々な事を感じ取り、深く考えながら仕事をする。一つひとつの仕事に集中して丁寧に仕上げていくのが得意なので、色々な仕事が同時に重なると焦ってしまう傾向がある。対策としては、「一つひとつやっていこう」と意識することで、目の前の仕事とは関係ない考えを頭から追い払う効果がある。

また、無理に仕事の優先順位をつける必要もない。今日絶対やらなければならない大切な仕事を一つ選び、それをやること。終わったら次に大切な仕事をやる。最後まで大切な仕事に選ばれなかった仕事は、時間が経つにつれやる必要がなくなることもある。仕事そのものが減っていく効果がある。

繊細さんの最大の悩みは、忙しくなりがちなこと。繊細さんは非・繊細さんより多くの物事に気づくため、気づいた事すべてに対応していると、単純に処理する量が多くなり疲れてしまう。また人に気をつかって、自分がしなくていい他者の仕事を引き受けてしまうこともある。そのため、対応すべき事と放っておくべき事を自分で選ぶ必要がある。例えば電話がなったら全部に対応するのでなく、3回に2回は無視し1回はとるなどする。すると、誰かが対応してくれることもあり、自分の仕事が必要以上に増えない。

気持ち良く働いている繊細さんには「共通点」がある。それは、自分が思う「いいこと」「いいもの」を仕事にしていること。例えば営業職なら、自分が本当に良いと思えるものは気持ち良く売れるけど、そう思えないものを売るのは心苦しいなど。自分が良いと思える仕事を選ぶと、働くたびに今日も良い事したなと心が満たされる。

繊細さんが幸せを感じながら活躍でき、無理なく働き続けるための3つの条件

・やりたいと思えるか

・得意を活かせるか

・働き続けられる職場環境かどうか

繊細さんが自然体で肩の力を抜いて実力を発揮できる仕事は世の中にある。無理を続けなければならない状況が続くなら、それはあくまでも「期間限定」にした方が良い。気づいた時には心身共に疲弊してしまっている場合もある。この仕事・この職場にいたらまずいと思ったら、同僚に多少迷惑をかけようと、仕事が残っていようと、すべて放り出し全力で逃げること。

第5章。繊細さんが自分を活かす技術。繊細さんに共通する5つの力がある。

「感じる力」

人間関係

・相手の話を深く受け止めながら聞ける

・相手のニーズを感じ取り、細やかにケアできる

・相手の良い所を見つけることができる

仕事

・他の人が気づかない小さな改善点に気づくことができる

・リスクを察知することができる

・相手の動作を見て、いつの間にか自分もできるようになっている

趣味など

・小さな仕掛けやこだわりに気づいて楽しめる

・日常の小さな嬉しさをキャッチできる

「考える力」

・深く考察できる

・当たり前になっていることに疑問を抱き、改善することができる

・興味を持つと、とことんはまる

「味わう力」

・いいものを受けとり、深く味わうことができる

・味わったものを出力できる(絵や写真や音楽などで表現する)

「良心の力」

・信じることに真摯に取り組むことができる

・自分の納得と相手への誠実さを両立させて、大きな力を発揮することができる

「直観の力」

・自分に合うものを探し当てることができる

・仕事の問題点を見抜くことができる

・物事の本質に辿り着くことができる

 

繊細さんが自分のままで元気にいるためには、自分の本音である「こうしたい」という思いを何よりも大切にすること。「こうしたい」は本音の可能性があるが、「こうしなきゃ」は世間の声。「こうしたい」と言いつつ体が動かない時は体の状態を感じてみる。窮屈に感じたり義務感があれば、少なくとも今はやりたくない状態。また、幼い頃の自分(おススメは2歳)をイメージして、その自分に迷っていることを聞いてみる。幼い頃の自分がどうイメージするかが自分の本心。その本心に沿って行動するようにしてみる。

感想。この本を読んで僕はHSPというものを初めて知りました。僕自身もこのHSP気質で生きにくさを感じてきたのを実感しました。僕があの時に感じた違和感はこういうことだったのかと気づくことができましたし、HSP気質を持っていても、十分人生を楽しむことができるんだと勇気づけられたように感じます。この本には、筆者がHSPの方を多くカウンセリングをすることで導かられた実践的な知識が詰め込まれています。実際にこの本を読むことで、自分自身がHSPかもしれないと気づく人も多くいるでしょうし、HSPとのつき合い方を具体的に理解することができる素晴らしい本だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました