『原因と結果の法則』を読んで感じた事あれこれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
原因と結果の法則 未分類

今回は僕が生きる上で参考になったと感じる本を紹介します。

『原因と結果の法則』という哲学者ジェームズ・アレンが瞑想と自身の体験から生み出した自己啓発本の原点の原点。1902年に書かれた古い本ですが、自己啓発本でこれを知らなければ恥ずかしいくらいだと僕は思います。この本は「自分こそが自分の人生の創り手」がキーワードとなっています。

構成は、「思いと人格」「思いと環境」「思いと健康」「思いと目標」「思いと成功」「ビジョン」「穏やかな心」となっています。

思いと人格。自分の心の中の思いが私たちを創り上げている。正しい思いを選んでめぐらし続けることで、気高い、崇高な人間に上昇することができる。自分の人生に深く思いをめぐらせ、今の自分を創り上げている法則を自身の手で見つけた時から、自分自身の賢い主人となり、自分自身を知的に管理しながら、豊かな実りへと続く思いを次々めぐらすようになる。人間は自分の人格も自分の環境も運命も自分で作るもの。

思いと環境。自分の置かれている環境は我々の内面の状態と常に調和している。その環境に満足だろうがそうでなかろうが偶然はない。多くの人は環境を改善するのは意欲的だが、自分自身を改善するのは消極的。環境を変えたければ原因こそ改善されるべき。

思いと健康。病気と健康は環境同様、心の中で巡らされる思いの明らかなあらわれ。キレイな心からはキレイな人生と肉体が創られ、汚れた心からは汚れた人生と肉体が創られる。キレイな心を持てば、自然に体に悪い食べ物を好まなくなる。心を強化し浄化した人間は病気とは無縁になる。

思いと目標。思いと目標が結びつかない限り物事の達成は不可能。
私たちは人生の目標を持たない時、つまらない事で思い悩み、よけいな苦悩を背負ったり、少しの失敗ですぐに絶望してしまう傾向にある。
自身の思いを設定した目標に集中して向け続けながら毎日を生きる必要がある。仮に目標の達成に繰り返し失敗したとしても、その経験を通じて身につけることのできる心の強さは、真の成功の基礎となる。目の前のやるべき事をやり遂げようと努力することで、集中力と自己コントロール能力は確実に磨かれる。努力、忍耐、強化を重ねることで、やがて素晴らしい人間へと成長することとなる。私たちの思いが目標と勇敢に結びついた時、創造のパワーとなる。

思いと成功。人間は成功を目指すなら、自分の欲望のかなりの部分を犠牲にしなくてはならない。自分の心を正しくコントロールする努力を怠る限り、私たちは大きな影響を及ぼしたり重要な責任を果たしたりすることは決してできない。

ビジョン。理想を抱くこと。ビジョンを見続けること。あなたの心を最高にワクワクさせるもの、あなたの心に美しく響くもの、あなたが心から愛することのできるものをしっかりと胸に抱くこと。気高い夢を見ること。あなたはあなたが夢見た人間になる。あなたの理想はあなたの未来を予言するものに他ならない。

穏やかな心。穏やかな心は美しい知恵の宝石。自己コントロールの粘り強い努力の結果。思いと人格、人生との関係を理解し、原因と結果の観点から、あらゆる現象をより正しく眺められるようになることで、人間は不平を言ったり悩んだり悲しむことをやめ、より落ち着き安定した穏やかな心の状態を保てるようになる。人間は穏やかになればなるほど、より大きな成功、より大きな影響力、より大きな権威を手にできる。

感想。若い頃、僕が自己啓発本として手にした初めての本でした。この本から僕は勇気づけられました。つらい状況にいたとしても、それはどうにもできないことではなく、原因を解決すれば状況は必ず好転できるんだと思えるようになったのです。そのためには自分自身を深く洞察し、正しい思いをめぐらせ続ける必要があるあるということ。短い内容の本ですが、大切な事がぎっしり詰まっていると感じます。たくさん自己啓発本を読みましたが、やはりこれが僕の原点。素敵な本との出会いって本当に素晴らしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました