男性看護師ならではの悩み ーケアの拒否ー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類

男性看護師は男性ならではの現場でのやりにくさを感じながら仕事をしています。

どんな事があるのかを少しお話します。

女性患者さんに羞恥心の伴うケアを拒否されること

例えば、おしもの世話や着替えのお手伝いなどの際によく言われること。

女性の看護師さんにお願いできますか?
その女性患者さんの気持ちは分かるんですよ。
恥ずかしいし、そんな事を男性にさせる訳にはいかないという気持ちがあるんだと思います。
確かに、男性の私が女性看護師に羞恥心が伴うケアをされるとしたらどう感じるか。
やっぱり嫌だと思う。
気持ちは分かるんですが…
現場はめちゃくちゃ忙しいんです。
女性看護師に変わってあげたい気持ちはあるんだけど、お願いできるような状況じゃないことが多いです。
私はどちらかと言うと、お願いするのが苦手な性格なのもあり、自分で何でもやった方が楽っていうタイプ。なので、女性看護師に変わって下さいって言われるとすごく困ってしまうのです。
無理して私がやろうとすれば、その女性患者さんも嫌な気持ちになると思う。
そんな時は、いつもすごく悩むのですが、女性看護師にお願いすることもあるし、どうしても私しかいなければ私がケアさせてもらうこともあります。
女性患者さんも困っていると思いますが、男性看護師の私も困ってしまうのです。
男性患者さんにも時々拒否されることがある
女性だけではなく、時々男性患者さんにもケアを拒否されることがあります。
男のあんたじゃなくて、女の看護師おらんのか?あんたにこんなことしてもらいたくない
これは、高齢者に多いです。看護師の仕事は女性の仕事だと思っている人が、意外とまだ多いということ。
介護や看護の仕事は「ピンクジョブ」と言われ、元々は女性の仕事でした。男性がやる仕事ではなかった歴史があります。今では、そういう仕事を男性もするようになってきているのですが、まだまだ男性の割合は少ない。男性看護師も看護師の中のまだ10%もいません。
若い患者さんにはあまり拒否されることはないのですが、高齢の男性からは時々拒否があります。
案の定、お願いベタな私は、女性看護師にお願いしたいけどみんな忙しそうだしといつも悩んでしまうのです。
医療の現場はめちゃくちゃ忙しい。いつもマンパワー不足
病棟で働いていていつも思うのは、現場は限界を超えているということ。とにかく人が足りない。だから最低限の事しかできないこと。本当はもっと色々患者さんのためにしてあげたい事はあるんだけど、それができないストレスを強く感じました。
だって、どう考えても無理だもん。
患者さんの想いに全部応えてあげたいと思うけど、それができないのです。特に急性期ではそういう状態です。たぶんどこの病院も野戦病院のような状況になっているのではないかと思います。
とにかく看護師の数がもっと増えて欲しい。
看護師免許もってるけど看護師として働いていない方も多いおられると思います。
ナースの転職ならジョブデポ看護師」「看護師応援プロジェクト実施中!看護師転職サイト『ナースJJ』」など色々ありますので、ぜひ登録して頂き、看護師として一緒に働きませんか?
忙しいけど(笑)
男性看護師の話に戻りますけど、男性看護師がもっと仕事をしやすくなるには、男性看護師がもっと増えるしかないんだろうなと思います。男性看護師がもっと世の中に認知されること。それしかないなと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました