看護師が働く様々な職場 ~回復期リハ・内科編~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類

看護師が働く職場は様々です。

働く場所の説明とメリットとデメリットを紹介しようと思います。

今回は回復期リハビリテーションと内科です。

回復期リハビリテーション

回復期リハビリへは、脳血管疾患や頸髄損傷や骨折などでリハビリが必要な患者さんが入院してきます。

急性期で治療を受けた後、リハビリが必要な患者さんがここへ入院します。疾患によって入院可能な日数は違うのですが、最長180日まで入院可能です。そのため、患者さんとの付き合いはとても長くなり、しっかりとコミュニケーションをとることができます。

他の病棟との大きな違いは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリスタッフの人数がとても多いことです。リハビリスタッフと患者さんがしっかりとリハビリをできるように、患者さんの体調管理をしていくのがここでの看護師の役割でもあります。

点滴などの医療処置は少なく、おむつ交換や入浴介助、食事介助などの介護業務がメインとなります。介助をしながら患者さんの体の動きをリハビリの視点で見ていくことが大切です。また、退院後に自宅に帰る患者さんが多いため、退院後の生活を見据えて患者さんやご家族と関わっていきます。

急変はほとんどありませんし、突然の入院などもないため、比較的落ち着いて自分の思うように仕事ができると思います。

メリット

急性期で働いた経験があって回復期リハビリで働けば、患者さんが病気になった直後から治療をしてリハビリ後に自宅へ退院していくまでの一連の流れが把握できるため学びが深まります。

落ち着いて仕事ができるため、精神的には楽だと思います。

男性スタッフも多いため、男性看護師は働きやすい環境です。

デメリット

医療行為は少ないため、回復期リハビリでしか働いたことのない人は点滴などの医療行為の技術は高まりません。

介助量は多いため身体的にハードな側面もあります。

内科

内科には様々な病気の患者さんが入院してきます。内科では点滴や内服薬など薬を使用して治療していきます。検査の数が多いため、検査の準備はとても大変です。

入院中に手術が必要になる患者さんは外科病棟に移動していくこともあります。

外科に比べて内科はそんなに忙しくないと思っていたのですが、逆にめちゃくちゃ忙しいです。検査や抗がん剤の治療の準備も大変ですが、とにかく点滴と採血の数が多い。

色んな病気の患者さんがいるので、色んな病気や治療の知識も必要です。

常に満床でベッドは空きません。あらかじめ予定の入院も多いですが、緊急入院も多く、休憩時間もナースコール対応などに追われることがあります。ゆっくりしている時間は基本ありません。勤務終了直前に入院をとってくれと依頼が来ることもあり、断れないことがよくあります。

認知症の患者さんも多く、点滴の針を自分で抜いたりされることもあります。また、アルコールの飲み過ぎで膵炎で入院してくる患者さんは24時間点滴が必要なのですが、入院後にアルコールの離脱症状を起こし暴れる方もいて治療にならないこともあります。

メリット

様々な病気や検査や治療の知識がつきます。本当に勉強になると思います。

点滴や採血が多いため、針を刺す技術が向上します。

もう少しメリットを書きたいのですが、残念ながらとにかく忙しい印象しか残っていません。

デメリット

定時に帰れることはほぼありません。勤務の前に情報収集をしたり、点滴の準備をしておかないと仕事がスムーズにできないため、前残業が必要になります。毎日1時間くらい前残業をしていましたが、サービス残業となっていました。

患者さんとゆっくりと関わる時間はほとんどありません。

 







コメント

タイトルとURLをコピーしました