Bookレビュー『読まれる・稼げる ブログ術大全』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類

ブログを書く参考にしようと思い、ブロガーのヨスさんの著書『読まれる・稼げる ブログ術大全』を読んでみました。

今回はそのブックレビューを書いてみます。

僕もブログを長く続けており100記事以上書きましたが、「読まれる・稼げる」というところまではいきませんでした。自分には才能がないのかもしれないと感じて、少しブログから離れていたのですが、もう一度チャレンジしてみたいという想いになり参考になる本を読んでみようと思いました。そして、手に取ったのがこの本だったのです。

かなり文量は多い本だったので、最後まで読めるかなと少し不安もありましたが、読み進めていくと苦痛なく最後まで読めました。内容がスッと頭の中に入ってくるヨスさんの書き方。苦痛なくスムーズに読めたのは、さすがプロブロガーだなと。

また今までに何冊かブログの書き方に関する本を読んだこともあるのですが、その中でもこの本はすごく具体的で分かりやすい。読んでいて、これなら自分でもできそうって感じることができる内容でした。

ブログを見てくれる人がどんな風にブログを読んでいくのかを考えながら文章を書くことが大切なんだということがよく分かります。

第3章では、分かりやすい文章を書くための方法が細かに書かれています。読者が内容に対し、ネガティブな印象を持ってしまいブログから離れてしまわないようにするには、どんな事に気をつけて書かなければならないかが述べられています。この章はとても参考になりました。僕もあまり知識のない状態でとりあえず書こうという感じで書いていたので、文章書くスキルをつけるというのはすごく大切なことなんだな感じました。

第10章では、ブログを継続するための鉄則が書かれています。ブログを続けるためには、モチベーションを維持するのがすごく難しいと私自身感じていました。ずっと結果が出なかったので、少し苦痛を感じながら記事を書くことが多かったのです。しかしこの章を読んで、そんなに最初から結果にこだわらなくていいから、完璧な文章を書こうとするのではなく、とりあえず書きたい事を書いちゃえということが分かりました。後で修正もできますし。結果を意識し過ぎると苦しくなるよということが述べられていて、できるだけ焦らずにやっていきたいとは思うのですが…

そうは言っても僕は家族もいるので、結果はできるだけ早く出したい思いが強いです。とりあえずブログを継続して書けるように、体壊さない程度に書き続けていきたいと思います。

第11章では、ブログを書いて成功した人たちの言葉が書かれています。みなさん最初から結果を出せていた訳ではないようで、続けることで未来が開けてきたとのこと。僕もこの人たちの仲間入りを早くしたいなと感じました。

この本は、ブログを書くための基礎やちょっとしたコツが分かりやすく書かれています。ブログを始めたいと思っている方にはおススメの本です。気になった方はぜひ読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました